ねんねこや雑貨店 はじまり、はじまり

北千住東口、いつの間にか学園通り商店街と名前を変えていた商店街の隅っこに、ねんねこや雑貨店はあります。 2月にオープンしたお店
は、それまでねこばあば店長がひとりで小さなたばこ店をやっていました。
しかし急な仕入れ先のたばこ会社の方針で、高齢の独居経営者との契約更新ができなくなり(セキュリテイ上仕方なく)たばこ店を続けることが出来なくなってしまい途方に暮れていました。
見かねたばばのり(むすめ)がたちあがり?ふたりと一匹で雑貨店を開くことに決めました。
なるべく商品の仕入れに予算を当てたかったので、古いたばこ店を自己流でリフォームして何とかお店らしくなりました。
1月の半ばから準備を始めて2月8日無事にオープンの日を迎えたのです。
ねこばあば店長はことし84歳、看板猫のちびはことし6歳(ツンデレ女子)、そしてわたくしばばのり(地元のあだ名はうまこ)店員は54歳、身体のあちこちに衰えがありますが、こころは元気です。
雑貨好き、猫好きのみなさんとつながりたいです。これからよろしくおねがいいたします。

2016年07月24日